ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

DJをやった思い出

諸々の出来事が終わって余裕が出来てきたので、ここ最近の出来事を順番にブログに書いていこうと思って書き始めた。ひとまず最初に約1ヶ月弱前の話になるのだけど、SMTP++というイベントに誘ってもらってDJをやった話を書きます。

4月くらいにmasawadaくんにDJしませんかと言われて適当に返事をしたらやることになっていた。

昨年末に光るものを買うのが流行っていたので、そのときに僕も便乗して光る板を買ったところ、DJデッキだったので、それを使ってDJをやってみることにした。

Numark ミラーボール付き 2デッキDJコントローラー Virtual DJ LE付属 Party Mix

Numark ミラーボール付き 2デッキDJコントローラー Virtual DJ LE付属 Party Mix

5月の上旬に練習をして、雑に感じを掴んだ後に自主練を積み重ね、開催前の日曜日に練習会で他の人の感じを見て学んだり、見てもらったりして状態を高めていった。

知っていたこととしては、曲を繋ぐ時にBPMを揃えてビートのタイミングが合ってると良いということと無音にならなければとにかくOKということ。

BPMを数えるとか合わせるとか音楽の成績が2だった僕は何も出来ないが、ソフトウェアは素晴らしく勝手にBPMを解析してくれて、syncボタンを押すとBPMとビートのタイミングを合わせてくれる。こちらとしては解析されて登場したBPMを近そうな感じで列べて、syncボタンを押せばビートが合うのでボタンを押すという感じ。

ちゃんとした人々は間奏の間に曲を切り替えてスパスパやっていったりするけど、そのようなテクはないので、曲はほぼ全尺を流し、最後の伴奏みたいなのと次の曲の最初の伴奏を重ね合わせる作戦。適当にAメロが始まる秒数をカウントしておいて、どの辺で次の曲流したら良い感じのタイミングになるかだけ気合いと根性で目印を入れたりしていた。

曲の雰囲気を揃えると良いとかもあるそうだけど、まぁテーマくらいは決めておくかということで僕の好きなバンドというかそういうのを集めるという作戦になった。

そうしてプレイリストを組み上げたところ、以下のような感じになった

全部で11曲。うち神聖かまってちゃん関連の曲が4曲*1で、大森靖子銀杏BOYZも2曲ずつあるという感じで完全に好みを前面に打ち出した感じになった。ユナイテッドモンモンサンの『少女漫画シンドローム』を流したかった気持ちがあったのだけど、最後気持ちが『夜明けのBEAT』に傾いたので選曲がこうなった。『愛しているってゆってよね』にすごい便利な箇所*2があって、それでBPMが代わるとかそういう作戦もとった。

録音しようと思ったのだけど、当日は普通に忘れていた。『ドーピング☆ノイズノイズキッス』と『夜明けのBEAT』で次の曲のキューを押したつもりが再生中の方を押してしまってAメロに戻るというアクシデントがあったが、勢いでなんとかなった(ということに僕の中ではなっている)。

あと、Numark Party Mixはつまみが少なくて、エフェクターのつまみなどがないので、急遽前日にAndroid用のVirtualDJのアプリを購入して当日は挑んだ。パフォーマンス感が出て良かったのではないかと個人的には満足している。

これは当日の様子

TwitterFacebookを見て友だちが結構冷やかしに来てくれてかなり嬉しかった。楽しんでもらえていたなら良かった。

次回のDJの予定なんですが、なんか東京で9月の中旬に僕の誕生祭が開かれると勝手に企画されているので、僕がそれを無視して旅行などをしていなかった場合は参加しようと思っています。皆さんも予定を空けておいてください。よろしくおねがいします。

*1:『非国民的ヒーロー』も作曲とコーラスにの子が参加してる

*2:バックスピンのあとに峯田が「チェケラ!」っていう部分