読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。真面目なの→http://pastak.hatenablog.com/

Gyazoおみくじが簡単に出来るウェブサービス作った

概要

これです。

リポジトリはこれです。

Slackだとこういう感じで使えます。

もうちょっと詳しく

Gyazoのコレクションという機能というのがあります。

コレクションのid ((コレクションidは https://gyazo.com/collections/51abd733329db8f65a26e040f70ffda351abd733329db8f65a26e040f70ffda3 の部分のところです)) をパラメータとして渡すことで、そのコレクションの中から1枚ランダムに返してくれるAPI的な感じです。

これを利用することで身内用のLGTM画像Botのようなものなどを簡単に作ることが出来ます。

Slack Outgoing Webhook

SlackのOutgoing Webhookに対応したエンドポイントがあります。

https://gyazo-randomizer.herokuapp.com/webhooks/slack/:collectionIdをOutgoing WebhookのURLに指定するだけでOKです。

Outgoing Webhookに指定したチャンネルにキーワードを書き込むとBotGyazoのURLを1つランダムに選んで教えてくれます。

<trigger_word>のあとにhtmlmdなどと書くと、それぞれHTMLやMarkdown形式のテキストを添付します。

その他のエンドポイント

URLのみ、HTML、Markdownを返してくれるAPIがそれぞれ存在します。

例えば、 Maccurl https://gyazo-randomizer.herokuapp.com/random/:collectionId.md | pbcopy という風にすると、markdownをクリップボードにコピーしてくれるコマンドなどを作成することが出来ます。

  • https://gyazo-randomizer.herokuapp.com/random/:collectionId
    • URLのみのテキストを返します
  • https://gyazo-randomizer.herokuapp.com/random/:collectionId.html
    • HTMLを返します。( oembed用のmetaタグを含みます )
  • https://gyazo-randomizer.herokuapp.com/random/:collectionId.md
    • Markdown形式のテキストを返します

お試し

皆さんに試していただけるように、自由に使えるLGTM画像コレクションをGyazo上に作成しました。

以下のボタンを押すとコレクションの参加者になれるので、自由に画像を追加してみてください。

みんなのLGTMコレクションに参加する

以下のエンドポイントで試すことが出来ます。

何か要望などあれば、issueなどでお教えください。

よろしくお願いします。