読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

良くないと思うのを良くする方法を知る方法

例えば、MySQLのテーブルの構成。

item_iditem_nameがカラムとしてusersテーブルに存在して、itemsみたいなテーブルは存在しないとか。これくらいだと、itemsテーブルを作って、そこにitem_iditem_nameを対応させるようにしとけば良いってのはなんとなく分かる。user_idはintでそれだと桁が揃わないから、桁を0を頭に付けて揃えたvarcharなuser_codeっていうのがあるみたいなこともある。これも良くないって感じはする。こういうことが積み重なっているMySQLのDBがあって、今はPHPとかPerlが複雑に絡み合ったりしながら、Perlとかで頑張ってdatファイルとの整合性も保ちながら頑張っていて、その結果はSSIが書かれたhtmlファイルで読み込むみたいな、これをWAFを使うようにしようとかそういう話がある。このタイミングでMySQLのテーブルの構成とかも同時に良くしようみたいな機運はあるけど、じゃあ何が良いのかってのは知らないから知る必要がある。こういうの、インターネットで読んだ良い話とかだと、社員の人に相談したらめっちゃ良い話を聞いて学んだとかって書いてあったりするけど、今自分のいる場所はエンジニアがほとんど居なくて、過去にこのサービスを構築した人は某という東京の会社にいる。

MySQLざっくりとこうあると良いみたいなのは知ってるつもりだけど、つもりだから、それがあってるか誰もジャッジしてくれない。ジャッジするのは自分くらいしかいなくて、これは普段コード書くときも同じで、何かバグがあるから直して欲しいとか、こういう挙動欲しいみたいなの聞いたらコード書くけど、そのコードが良さそうかとか誰も見てくれないから、自分で見る。自分で見ると言っても、自分だから適当に見てしまう。そういう時はコメントを残す。コメントを残すって言ってもそれもサボってしまうことがある。コミットメッセージを残す。コミットメッセージ頑張るけどサボってしまう。やっぱり、自分だけだと緊張感なくてサボってしまう。良くない。途中からサボってしまう話になってたけど、要するにMySQLとかCakePHPとか別に誰も教えてくれないけど、良いコードや状態にしたいという気持ちだけがあるけど、気持ちだけじゃダメで実践する方法を知らないといけないということ。僕はなんだかんだでコード書いてる期間が長いけど、ずっとダラダラ書いてきただけだから知らないことや歯抜けの知識が多い。JSは少しはマシになってきたと自分では思ってるけど、PHPとかは最悪だと思う。巷のインターネットに散乱しているPHPのことを書いてるサイトのレベルくらいしか知らない。だから、最近のPHPはどういう機能が増えたとか、何をするにはどういうのがbetterかとか知らない。本とか読んだら書いてあるのかもしれないけど、どういう本だと分かるとか本屋に行けば分かるのかなぁ。周りの人、めっちゃコード書ける人が多いって感じだけどみんな独学っぽく見えるし、どうしたらそこまで独学で学び込めるのか知りたい。コードをただ書いてるだけじゃ知見増えないと思う。コード書く時に出来るのは内発的な発想しかなくて、今書いている書き方よりも良い書き方がPHPの新しいのでは出来るのかもしれないけど、それをPHPは教えてくれなくて、それはこうすると良くなる、よく出来るみたいなのやっぱり知ってないといけない。もしかするとIDEとか使うと教えてくれるかもしれない。でも、IDE使えば良いみたいなのやっぱり知らないといけない。知識を持っているというのはめっちゃ偉大で、その知識を得る元はインターネットくらいしかない。人がいるとこに行くとその人から学べるかもしれない。人っていうのはスゴい。そういうの考えてると人がいるとこに行ったほうが良さそう。もっと勉強会とか参加したほうが良いっていう思考になる。今いる場所を離れるのは多分なくて、それはなんか脅されてるとかじゃなくて、情みたいな感じで関われるの珍しい感じだからもう少し関わっていたいという感じ。でも知識とか得れるんだったら、そっちの方が良いだろうけど、場所だけのせいにしてもどうしようもないから、自分でどう頑張るかって感じがする。とりあえずオライリーの本を読むとかそういうことをしても良いかもしれないし、そういう努力ってあると思う。本よりも人の方が良い。温かみがある。そういう意味じゃなくて、要するに何が言いたいかって言うと、pixivの良い話が流れてきたから触発されて日記を書いたんだけど、いつも以上に散文になったし、めっっちゃこういう環境羨ましいと思ったって話が言いたいついでに色々書いてしまったという感じ。

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話 / 溝部 拓郎 | STORYS.JP