ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

『聲の形』の聖地巡礼のために大垣に行った

先日、名古屋でビールと天ぷらを見たついでに大垣で途中下車して『聲の形』の聖地巡礼をしたので、その記録。

体力がなかったので、大垣駅の周辺のシンボリックなのをザッと回っただけになったけど、歩いてるとドンドンシーンが思い起こされてエモかったので、写真とスクショの比較で紹介します

参考と引用に関する情報

参考にしたウェブページは映画 聲の形 大垣市 舞台モデル紹介|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」を見て歩いた。GoogleMapもあって便利。一部、コミック編も参考にしたりもした。

以下で登場するスクリーンショットは全て『映画 聲の形Blu-ray版を再生して撮影したものです(© 大今良時講談社映画聲の形製作委員会)。

大垣駅

佐原に会いに行くために駅に集合するシーン

新大橋

西宮が石田に勇気を振り絞って告白するも、石田に"声"で伝えられずに……というシーン。ちなみにこの橋の写真を撮っていると近くのおっさんが自転車から麻原彰晃がヨガについて語る音声を流していて不穏だった。

大垣駅通り

高校生になった石田が植野と再会。さらに西宮が横断歩道を渡った先に居て……のシーンのやつです。日除けが降ろされていたので微妙に見た目が違うのが残念。

大垣公園

石田(将也)がマリアを遊ばせに公園に行ったら遊具の中で結絃を見つけたシーン。西宮を助けた石田が川に落ちた後、石田の作ってくれた繋がりを取り戻すために動き出した西宮が永束や川井と再会するシーン。普通の公園なので、15時半頃に行ったところ、普通にちびっ子達が遊んでいた。敷地に大垣城が隣接。

美登鯉橋

所謂『いつもの場所』。集合場所やキーシーンなどなど作中に複数登場する重要スポット。本当にそのままなのでめっちゃ感動する。橋の横側は意外と木が生い茂っていて、キービジュアル等のような写真を撮るのは難しかった。

四季の広場

結絃が泣いていた滝のトンネルとかがある。美登鯉橋のすぐそこ。ちなみにこのすぐ近くには石田が西宮と再会する『大垣総合福祉会館』もあります。西宮がしゃがみ込むあの場所とかがそのままあって感動するので是非。

映画にはなくてコミックス版のみのシーン

(7巻99ページ)

大垣公園から更に西に行ったところの歩道橋

(2巻166ページ)

美登鯉橋のすぐ北

次回予告

各位、『聲の形』を観て読んで、大垣行きましょう。僕は次回は養老天命反転地に行きたいと思っています。

DJをやった思い出

諸々の出来事が終わって余裕が出来てきたので、ここ最近の出来事を順番にブログに書いていこうと思って書き始めた。ひとまず最初に約1ヶ月弱前の話になるのだけど、SMTP++というイベントに誘ってもらってDJをやった話を書きます。

4月くらいにmasawadaくんにDJしませんかと言われて適当に返事をしたらやることになっていた。

昨年末に光るものを買うのが流行っていたので、そのときに僕も便乗して光る板を買ったところ、DJデッキだったので、それを使ってDJをやってみることにした。

Numark ミラーボール付き 2デッキDJコントローラー Virtual DJ LE付属 Party Mix

Numark ミラーボール付き 2デッキDJコントローラー Virtual DJ LE付属 Party Mix

5月の上旬に練習をして、雑に感じを掴んだ後に自主練を積み重ね、開催前の日曜日に練習会で他の人の感じを見て学んだり、見てもらったりして状態を高めていった。

知っていたこととしては、曲を繋ぐ時にBPMを揃えてビートのタイミングが合ってると良いということと無音にならなければとにかくOKということ。

BPMを数えるとか合わせるとか音楽の成績が2だった僕は何も出来ないが、ソフトウェアは素晴らしく勝手にBPMを解析してくれて、syncボタンを押すとBPMとビートのタイミングを合わせてくれる。こちらとしては解析されて登場したBPMを近そうな感じで列べて、syncボタンを押せばビートが合うのでボタンを押すという感じ。

ちゃんとした人々は間奏の間に曲を切り替えてスパスパやっていったりするけど、そのようなテクはないので、曲はほぼ全尺を流し、最後の伴奏みたいなのと次の曲の最初の伴奏を重ね合わせる作戦。適当にAメロが始まる秒数をカウントしておいて、どの辺で次の曲流したら良い感じのタイミングになるかだけ気合いと根性で目印を入れたりしていた。

曲の雰囲気を揃えると良いとかもあるそうだけど、まぁテーマくらいは決めておくかということで僕の好きなバンドというかそういうのを集めるという作戦になった。

そうしてプレイリストを組み上げたところ、以下のような感じになった

全部で11曲。うち神聖かまってちゃん関連の曲が4曲*1で、大森靖子銀杏BOYZも2曲ずつあるという感じで完全に好みを前面に打ち出した感じになった。ユナイテッドモンモンサンの『少女漫画シンドローム』を流したかった気持ちがあったのだけど、最後気持ちが『夜明けのBEAT』に傾いたので選曲がこうなった。『愛しているってゆってよね』にすごい便利な箇所*2があって、それでBPMが代わるとかそういう作戦もとった。

録音しようと思ったのだけど、当日は普通に忘れていた。『ドーピング☆ノイズノイズキッス』と『夜明けのBEAT』で次の曲のキューを押したつもりが再生中の方を押してしまってAメロに戻るというアクシデントがあったが、勢いでなんとかなった(ということに僕の中ではなっている)。

あと、Numark Party Mixはつまみが少なくて、エフェクターのつまみなどがないので、急遽前日にAndroid用のVirtualDJのアプリを購入して当日は挑んだ。パフォーマンス感が出て良かったのではないかと個人的には満足している。

これは当日の様子

TwitterFacebookを見て友だちが結構冷やかしに来てくれてかなり嬉しかった。楽しんでもらえていたなら良かった。

次回のDJの予定なんですが、なんか東京で9月の中旬に僕の誕生祭が開かれると勝手に企画されているので、僕がそれを無視して旅行などをしていなかった場合は参加しようと思っています。皆さんも予定を空けておいてください。よろしくおねがいします。

*1:『非国民的ヒーロー』も作曲とコーラスにの子が参加してる

*2:バックスピンのあとに峯田が「チェケラ!」っていう部分

YAPC::Fukuoka 2017 HAKATAにトークプロポーサル出した

トーク出した。

とのこと。各位やっていきましょう。

トークプロポーサルはこういう感じです。

ブラウザ拡張のクロスブラウザ対応についてどう向き合っているか 2017

フロントエンド界ではもう10年以上に渡って話され、最近ではBabelの登場などにより枯れてきつつあるクロスブラウザという話題ですが、皆さんブラウザ拡張開発もクロスブラウザ対応をやっていく時代になってきたのを知っていますか?

数年前まではChromeFirefoxSafari…とそれぞれ独自のAPIや機構を有していましたが、数年前からFirefoxChromeAPIをベースにしたWebExtensionを導入し、今年の12月にStable Release予定のFirefox v57で従来のAPIは全て廃止され、WebExtensionに一本化されることになっています。MicrosoftのEdgeもブラウザ拡張に対応しており、そのAPIChromeAPIを踏襲したものになっています。またこれらの動きに伴ってW3CでBrowser Extensions APIの標準化に向けた作業も始まっています。

そのような現状についての簡単な紹介を行った後に、私が実際にブラウザ拡張を開発している中で直面したクロスブラウジングに関する話題について実例を交えて紹介を行います。具体的には以下のような話題について触れる予定です。

  • クロスブラウザ対応のための開発ツールについて
    • webpackやその他私がクロスブラウザ対応のために開発したり利用しているツールについて
      • webpackを例にどのようなbuildアプローチを取ることで複数ブラウザに対応したコードを生成できるのか
      • manifest.jsonを生成するための pastak/wemf について
      • ブラウザAPIを提供するトップレベルオブジェクト名の差異を吸収する pastak/chrome-browser-object-polyfill について
  • ブラウザ間の実装差異を如何に吸収するかというテクニックについて
    • Chrome Extensionから他のブラウザでも動くソースコードに変更するための方法について
    • 現状、どのような差異・問題がブラウザ間に存在しているのか
    • ブラウザ間の差異を吸収するために現状取ることの出来るアプローチ、または発見するためのデバッグ手法、または"勘"について